ニシカワマン

                      

普通のブログ

f:id:oibositouhu:20200723213800j:plain

な~にを勝手に撮ってんだぁ。

 

今年の梅雨は偏差値60くらいの梅雨してて、勘弁してクレメンス・・・。

去年の梅雨は1週間で明けて偏差値34だったのに。

 

稲敷市に最近YouTuberが生まれた情報を得まして

www.youtube.com

 

脱サラして稲敷で農業しているようです。1週間に1度くらいのペースで更新していて期待ですね(匂わせ

 

 今日も雨で引きこもりオタクしていて、書くことがないので

お魚倶楽部の話でも、

お魚倶楽部は140名の部員がいるので、7つの班に分かれていまして

ニシカワマンは資源班という、ダイビングというか素潜り専門の班にいたので

 

7月になったら福井県の小浜・高浜に行って

f:id:oibositouhu:20200723220900p:plain

600mくらい沖にある

f:id:oibositouhu:20200723220932j:plain

葉積島っていう無人島で遊んだり

f:id:oibositouhu:20200723221113j:plain

福井県というか日本海はほんと綺麗でいいよね・・・

 

f:id:oibositouhu:20200723221222j:plain

そして8月は2週間位、石垣島米原ビーチでホームレス野宿していてり

泡盛の瓶を片手に「動物虐待する奴は市んだらええねん!!」って叫んだら、次のシーンが頭だけ出して海の中で座禅組んでたり

 

f:id:oibositouhu:20200723221741j:plain

9月は軽井沢ジャーランド(徳島県)という、台風で「軽井沢レジャーランド」の

f:id:oibositouhu:20200723221851j:plain

「レ」が吹っ飛び

f:id:oibositouhu:20200723221911j:plain

「軽井沢ジャーランド」として変貌したジャーランドに3泊して、川で潜ってスッポンとか鯉とか捕まえてBBQしたり

ここの管理人のノーヘルでやってくる婆さんのことを「ジャ婆」と呼んだり

石垣島米原ビーチの管理人は中日ドラゴンズの帽子を被ってました

 

夏はこのようにして遊んでました

 

夏以外は春には淡水魚を授業サボって採集しに行って、ガサで捕まえた最高サイズが

滋賀県の真野川で捕まえた

40センチのハスでした

f:id:oibositouhu:20200723222421j:plain

これを捕まえた時はビビった

 

ジャーランド終わったら、海水魚捕まえになって

そっちは素潜りが上手くなかったので、最大クラスは高知県の室戸で捕まえたコンゴウフグでした

f:id:oibositouhu:20200723222632j:plain

 

そして捕まえたサカナは大学の施設で2ヶ月くらい飼育し

6月に淡水魚展示会、11月に海水魚展示会という大学の多目的ホールを水族館にレイアウトして

f:id:oibositouhu:20200723223517j:plain

(画像はイメージです、お魚倶楽部はネットにとにかく情報を流さないルールがあるので)

 

自分が部長だった時の海水魚展示会は2日で2207人のお客さんを呼ぶことができましたとさ

というニシカワマンのお魚倶楽部の昔話。

 

この経験により、ニシカワマンは組織を回して何かを為すことを得て(道化になる)、あまりにも多くのことを失ったのであった・・・・・

今のニシカワマンは「ホーン」って顔してますが、お魚倶楽部・・・・陽キャの集まりだったので

f:id:oibositouhu:20200723224409j:plain

最初から陰キャだったニシカワマンが、この陽キャ倶楽部で部長というトップに立つにはアホになって、根性見せるしかなかったので

 

ウェットスーツを半分に切ってセンターマンに2回なったり

f:id:oibositouhu:20200723224612j:plain

マジの話

 

2限終わったら、サイクリング部企画の中庭でローション相撲が開催され、頭からローション浴びて

f:id:oibositouhu:20200723224751j:plain

ローション相撲して、体中どろどろのまま3限を受講したり

 

 

本当に色々と犠牲にしたんです。

陰キャがそんな環境耐えれるわけもなく、オーガスタ基地で薬物投与を受けた強化人間でもないかぎり持たないので

卒業後はその反動でさらに陰キャとなり、オタク道を極めホームセンターで働くのであった・・・・・・。

 

 

 

 

ニシカワマンの戦いはこれからだ。